小規模店舗の分煙は場所を取らない1人用の分煙ボックスが最適!

喫茶店や居酒屋等、日本の飲食店の約8割は個人事業主が経営する小規模店舗の飲食店であるといわれています。

小規模店舗とされるお店は、中小企業基本法によりますと資本金5000万円以下の業者であり、なおかつ客室面積が100㎡以下の店舗を指しますが、これらのお店についてはスペース上の問題で分煙を行いにくい可能性があります。

しかし、小規模店舗のように客室面積の狭い飲食店でも、1人用の分煙ボックスを利用することで効果的な分煙対策を行うことができるとご存知でしたか?

本記事では小規模飲食店にお勧めの分煙ボックスとはいったいどんな風に使い勝手が良いのかという点について解説してまいります。

小規模店舗が分煙によって受けるデメリット

小規模店舗は一部今後も今まで通りに喫煙ができる小規模店舗のための経過措置『喫煙可能店の申請』もありますが、いずれは分煙もしくは屋内全面禁煙としなければなりません。

しかし小規模店舗が分煙をすると以下のようなデメリットをもたらす可能性もあります。

客席がすくなくなる

まずは分煙のためにスペースを取られてしまい、客席が少なくなることによって、肝心のお客の取りこぼしが発生してしまう可能性がある点です。通常喫煙スペースを設けたりすると、それなりの場所を必要とします。

仮に30席の客席があったうち、喫煙スペースを作ったことで5席分をつぶしてしまうと、単純に5人、または1家族分のお客を受け入れられなくなってしまうわけです。

設置位置に困る

また、喫煙スペースを作るには、非喫煙者の導線とならない場所に設置をしなければなりません。そのため、小さいスペースの中で喫煙スペースを確保するとなると、その設置位置に非常に困ってしまうということもあるでしょう。

喫煙スペース内が密になる可能性も

現在は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、密集、密接、密閉の3密を避けて行動するようにアナウンスされています。

しかし喫煙スペースはこの3密がそろう場所でもあり、仮に『店員〇人まで』としていても、誰かが注意をしないかぎり喫煙者は中にはいって喫煙をしてしまう可能性が高いです。かえって中途半端な人数が入れる喫煙室にしてしまうとこうしたリスクも伴ってくるでしょう。

喫煙スペースは3密不可避?対策の方法とは

小規模店舗が分煙で損をしないために気を付けたいこと

上記のように、小規模店舗が分煙において客室面積や3つの密等に配慮せずに分煙をしてしまうと、売り上げ低下を招いたり、良くない口コミが拡散されてしまう可能性もあるかもしれません。

顧客満足度向上のために行ったはずの分煙対策がこうした状況を招いてしまえば、元も子もありませんよね。小規模店舗が分煙で損をしないために気を付けたいことは下記のポイントになりますので、抑えておいてください。

客席を減らさずに分煙

まずは、客席を極力減らさずに分煙をするということです。小規模店舗ですと、地域密着型の店舗も多くあり、常連客が殆どであるという店舗も少なくないでしょう。そうすると、常連客それぞれに決まった席がある可能性もありますし、時間帯によっては満席になる可能性もあります。

機会損失を防ぐためにも、客室を減らさずに分煙をすることをお勧めします。

1人用分煙ボックスなどで分煙する

といっても、客席を減らさずに分煙とはどうすればよいの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。その方法としては、1人用分煙ボックスを設置することでお店の中のあいたスペースを利用し、効果的に分煙を行うことができるようになります。

1人用ですと、完全に1人しか中に入ることができないので、分煙ボックス内が密になる危険性もありません。

小規模店舗の分煙は分煙ボックスが最適

ということで、小規模店舗の分煙には分煙ボックスが最適です。なぜ、小規模店舗には分煙ボックスが最適か、その理由について解説していきます。

技術的基準を満たしている

1つは、分煙に必要な技術的基準を満たしているという点です。分煙を行うには、その喫煙スペースの大小関わらず、必ず喫煙室外に煙が蔓延しないよう対策をしなければならないと取り決められています。

実際、この技術的基準を満たしていない場合は最悪罰則となる可能性もありますので注意しましょう。

喫煙室を設置する際の技術的基準とは?適切な基準を知って効果的な分煙対策をしよう

人数制限ができる

分煙ボックスは、1人から10人用まで幅広く人数制限を設定することができます。一人用の分煙ボックスを2つ置くことで、3密を防ぐこともできますし、最初から2人用の分煙ボックスを設置して、2人しか入れないようにパーテーション等を設置する方法もあります。

飲食店によって人数制限でもさまざまな工夫ができるのもメリットの一つであるといえるでしょう。

工事の必要がない

また、分煙ボックスはボックスという名のとおり、ボックスを設置するだけで分煙ができる優れものになりますので、工事等の必要は一切ありません。仮に工事をして喫煙室をつくるとなりますと、賃貸物件で営業をしている飲食店の場合、退去時に原状回復費用を求められる可能性もあります。

その点、分煙ボックスは、置くだけですので、大規模な工事が必要なく分煙を行うことができます。

低コスト

工事が必要なく、技術的基準等の細かいルールもすでにクリアしているため、分煙ボックスの設置以外にコストが必要ありません。通常喫煙スペースを作るときには、スペースの構築費用、工事費用、分煙専用の空気清浄機の設置や、技術的基準をクリアしているかどうかの調査等、様々な費用が付随してかかってくるようになり、多大なコストが必要になります。

しかし、分煙ボックスの場合は、一つの業者に一括して以来ができる上に低コストで済ませられるのがメリットです。

分煙ボックスの比較と、選ぶときのポイント

屋外に設置することもできる

それでも、小規模飲食店ですとどうしても屋内に分煙ボックスを設置できないというケースもあるでしょう。

そうした場合は、分煙ボックスは屋外に設置することも可能です。屋外であれば特に受動喫煙対策をしなければならない等の規制はないものの、出入口付近で喫煙をしていたり、お店の周りで喫煙をしたりしていると、お客や近隣の店舗からクレームが来る可能性もあります。

そのため、屋内に設置できない場合には、屋外に分煙ボックスを設置しておくことで評判の良い飲食店となれるかもしれませんよ。

第二種施設において屋外喫煙所を設置する際の注意点

まとめ

小規模店舗は比較的お店の面積が狭いので、分煙をしたくてもどうしたらよいのかわからないとお悩みの経営者様も多くいらっしゃったことでしょう。

また喫煙スペースは密になりやすく、閉鎖している店舗もあるようです。感染症対策の観点からも、1人用から選択できる分煙ボックスを設置することで、客席なども確保しつつ効果的な分煙対策ができるようになります。

分煙ボックスについては、分煙対策くんでもご質問やお問合せを無料で承っております。ご興味のある方はまず下記のお問合せ窓口からお気軽にご連絡くださいませ。

窓口に相談する