屋上やテラスなど、屋外への灰皿設置に規制はある?

改正健康増進法が4月1日に施行され、多くの施設において『原則屋内禁煙』となりました。一部『喫煙専用室』の設置や、『加熱式たばこ喫煙室』を設置するなどの受動喫煙対策を行えば、屋内喫煙できる場合はあるものの、それらの措置をしなければ当然ながら屋内での喫煙は認められません。

そこで気になるのが、屋内は全面禁煙にしたとして、店舗の外やビルの屋上などであればこれまで通り灰皿を設置していても大丈夫なのか?という点です。

店舗の外に灰皿を置いても、出入口付近であれば屋内への煙の流入を防ぐことは難しそうですが、屋外への灰皿設置に規制や条件はあるのでしょうか?

窓口に相談する

そもそも『屋内』の条件とは

改正健康増進法が定める『屋内』とは、外気の流入が妨げられる場所として、屋根がある建物であって、かつ側壁が概ね半分以上覆われているものの内部の場所です。

屋根がない場合や、一部にしか屋根がない場合には、屋外として取り扱われるため、基本的に店の外や、ビルの屋上などは『屋外』であるということになります。

ただし、テラス席については、喫煙をした際のたばこの煙が店内に流れ込むことがないよう、側壁が概ね半分以上覆われていない場合であっても、店内との境界が壁やガラス窓などで仕切られていない場合、屋根に覆われている場所は『屋内』として取り扱われますので注意が必要です。

各施設における屋外喫煙所の条件について

改正健康増進法で喫煙が規制される施設は、大きく分けて、『第一種施設』と『第二種施設』の2種類があります。それぞれ、第一種施設は学校、病院、官公庁、福祉施設などで、第二種施設は飲食店やデパート、パチンコ店、カラオケ店などがあげられます。

ここからは各種施設における屋外の喫煙場所設置の条件について見ていきましょう。

屋外であっても第一種施設については『敷地内禁煙』

学校や医療機関、社会福祉施設などの『第一種施設』については屋外であっても敷地内での喫煙や喫煙所の設置は認められません。ですので、第一種施設のビルの屋上などにおいても、敷地内とみなされ、喫煙ができなくなるということです。

ただし、一定の条件を満たすことができれば、第一種施設の敷地内においても『特定屋外喫煙所』を設けることが可能になります。

特定屋外喫煙所の基準とは

第二種施設における屋外喫煙所の規制は?

基本的に、現段階で第二種施設においては出入り口から一定の距離を置いて灰皿を設置しなければならないなどの規制はありません。

ただ、前述のようにテラス席については喫煙をした際のたばこの煙が店内に流れ込むことがないよう、側壁が概ね半分以上覆われていない場合であっても、店内との境界が壁やガラス窓などで仕切られていない場合喫煙をすることはできませんので注意しましょう。

簡単にいうと、今回の改正健康増進法では第二種施設については、テラス席以外、出入口や屋上などの屋外については、特に規制や条件なく灰皿を設置してよいということです。

ただ、法的に取り締まられるなどの規制はないものの、厚生労働省の発表では『第二種施設や路上などの屋外であっても、子供など受動喫煙により健康を損なう恐れが高い人が多く利用する施設については、第一種施設と同様に、敷地内禁煙の措置を講ずることが望ましい』と記されています。

受動喫煙を防ぐためにすべきこと

4月1日に施行された改正健康増進法では、現段階で第二種施設については特に屋外への灰皿設置についての条件や規制はありません。

ただし、店舗内をすべて禁煙にしても、出入り口付近で吸ったたばこの煙が屋内に入ってきては思わぬクレームを呼びかねません。灰皿が設置されていなくて、屋外でたばこを吸っていたお客がその場にたばこの吸い殻をポイ捨てしてしまう可能性もあります。特に飲食店はたばこの煙で食べ物の香りが消えてしまうなどといったクレームも少なくないのではないでしょうか?

このような事態を防ぐためにも、簡易的な分煙ボックスを屋外に設置するなどの対策をすれば、喫煙者も非喫煙者も過ごしやすい施設となるはずです。

実際、改正健康増進法の施行により、喫煙者の中では『肩身が狭い』という意見が多いようです。また、日経リサーチによって非喫煙者における分煙の許容度が発表されましたが、居酒屋、カフェ、ファミリーレストラン、どのジャンルにおいても全面禁煙を求める声は1~2割にとどまりました。

一方で約7割の非喫煙者が分煙を許容しており、『迷惑にならなければ大丈夫』という考えの非喫煙者が多いことが分かります。下記の記事にも詳しくご説明しておりますのでご覧ください。

リピート増加のために知っておくべき喫煙者の来店条件とは?

こうしたことから、屋外でもしっかり受動喫煙対策を行うことで、喫煙者も肩身の狭い思いをすることがなくなる上に、非喫煙者からのクレームもなくすことができるため、最終的に集客につながる可能性も十分にあるといえるでしょう

屋外設置の分煙機については、下記の記事にてご紹介しておりますので是非ご覧ください。

分煙機の比較と、選ぶときのポイント

まとめ

今回は、テラスや屋上などの屋外への灰皿設置に規制はあるのか?という点について解説いたしました。

①第一種施設は屋外も含め『敷地内禁煙』
②第二種施設はテラス席のみ分煙対策が必要
③それ以外は特に屋外への灰皿設置に規制なし
④しかし屋外であっても分煙対策を推奨
上記4点が主なポイントです。

たとえ現段階で屋外への灰皿設置に条件がなかったとしても、今後の動向をみながら更に改正されていく可能性ももちろんあります。そもそも改正健康増進法の内容とは『受動喫煙を防ぐための対策』が主です。喫煙を真っ向から禁止にするのではなく、あくまでも喫煙者の尊重もしつつ、非喫煙者の健康を守ろうというものです。

顧客満足度をアップと、集客力アップを狙うには、徹底的に来店客の立場に立った施設の構築が重要になってくるのではないでしょうか。

分煙対策くんでは分煙のご相談や、お問い合わせを無料で受け付けております。ご興味のある方はぜひ下記の相談窓口からご連絡ください。

窓口に相談する