オフィスを全面禁煙にするデメリットはある?たばこ問題が与える会社への印象

2020年4月1日に改正された改正健康増進法により、屋外施設においては全面禁煙にした店舗や施設もあるはずです。しかし、禁煙者の利用や来店が多い場所にとっては全面禁煙とすることが売り上げや経営状態に良くない影響を与える可能性もあります。

お客へのおもてなしの観点から見ると、飲食店などについては喫煙ができるスペースを設けるほうが良いという場合も考えられますが、オフィスは来客以外はほとんど社員が利用する空間です。オフィスを全面禁煙にすることには、あまりデメリットは考えられないように思えますが、何かデメリットがあるのでしょうか。

そして、オフィスにとって喫煙者も非喫煙者も同じように快適に過ごすことができる空間はどのようにすれば構築することができるのでしょうか。

本記事では、オフィスを全面禁煙にするデメリットからオフィスで誰もが快適に過ごせる方法等について解説していきたいと思います。

オフィスを完全禁煙にするデメリットとは

オフィスを完全禁煙にすると受動喫煙のリスクもなくなり、社員同士でのたばこを巡った様々なトラブルも激減するように思われますが、オフィスを完全に禁煙にするメリットとはどのような事項があげられるのでしょうか。

出入口付近での喫煙によるクレーム

オフィス内を完全禁煙にすると、喫煙者は喫煙をするときに規制のない屋外で喫煙をするしかなくなります。そうすると、喫煙者の中には屋外は屋外でも出入口付近で喫煙をするという方も出てくることになり、クレームを招くきっかけともなりかねません。

社内の従業員からのクレームであればまだしも、屋外での喫煙は社外の人々からのクレームにもつながりますので注意が必要です。

喫煙者の休憩場所がなくなる

喫煙者の従業員が仕事の合間に休憩をするとすれば喫煙室となるでしょう。しかし、オフィスを完全禁煙にすると喫煙者の休憩場所がなくなり、休憩ができないことで仕事の効率が下がってしまう可能性もあります。

屋外での喫煙によるポイ捨て問題

また、灰皿の設置されていない屋外では、喫煙によるポイ捨てなどの問題も出てくるかもしれません。屋外は公共の場と隣接している場合が殆どですので、会社自体の民衆の評価を下げてしまうことになる可能性もあるので注意が必要です。

オフィスを完全禁煙にするメリット

とはいえオフィスを完全禁煙にするメリットもあります。

それはオフィス内で喫煙をする場所がなくなることで空気がきれいになり、ヤニなどの汚れも気にならなくなるという点です。受動喫煙を気にしている従業員にとっては、過ごしやすく働きやすい環境となることでしょう。

また、屋内での喫煙を認める分煙対策など、それらのシステムを構築する費用なども一切かかりませんので低コストに済ませることができるのも利点です。

たばこ問題と、会社自体の印象への影響

たばこの喫煙は扱い方によっては会社や個人の印象を悪くしてしまう可能性もあるものです。例えば前述にも申し上げたように、屋外で喫煙をしてしまう場合、屋外でマナーを守らずに喫煙をしてしまった場合などになります。全面禁煙にした場合だけではなくて、喫煙室を設けた場合にも、来客があったときに喫煙室からの煙が漏れて受動喫煙を招いてしまえば、会社の印象を悪くすることにつながってしまうでしょう。

顧客や取引先が命である会社という組織にとって、第一印象は特に重要なものです。

特に近年ではたばこに関する健康問題に目を向けている方も多く、受動喫煙や禁煙に対するビットが高い方も増えてきているといわれています。

たばこに関する問題は、会社全体の印象へ大いに影響するといえるのです。

オフィスで誰もが快適に過ごせる方法

完全禁煙にするには、上記に解説したようなデメリットが考えられるし、逆に喫煙室を作ってもマナーが悪ければ会社の印象を落としてしまうことにもなりかねません。

では、どのような方法であれば、だれもが快適に仕事ができるオフィスを作ることができ、来客者等にも好印象を残すことができるのでしょうか。

来客者の導線にならない場所での分煙

1つは来客者の導線とならない場所へ喫煙室を設置するなどして分煙をする方法です。来客者が必ず通る場所といえば、エレベーター付近、出入口付近、会議室付近で、合わせてトイレやインフォメーションなども通る可能性のある場所として考えられます。

そのような場所を避け、いわば従業員のみしか立ち入らないような場所に喫煙室を設置することで、好印象を保つことができるようになります。

分煙ボックスの比較と、選ぶときのポイント

屋外に分煙ボックスを設置する

どうしても屋内で分煙をすることができない場合は、屋外に喫煙室を作ることで効果的な分煙を行うことができるようになります。

屋外での喫煙についてはいまのところ細かい規制等はありません。出入り口から何メートル離れた場所でなければならないなどのルールもないのです。しかし、だからと言って屋外であればどこでも喫煙してよいというわけではなく、会社の印象を下げないためにも、そしてすべての人々の健康を守るために、経営者は努力をする義務があります。

おその点、分煙ボックスを設置することで、簡単に喫煙室を構築することができ、喫煙者も非喫煙者も安心して業務に取り組むことができるようになります。来客からの印象も、『屋外でもしっかりと分煙対策を行っている会社』として印象が良くなる可能性もあるでしょう。

オフィスの雰囲気に合わせた分煙ボックスの設置

とはいえ、オフィスの雰囲気に合わない喫煙室や分煙ボックスでは逆に悪目立ちしてしまいます。分煙ボックスでは様々なデザインがあり、オフィスの雰囲気に合わせた選択をすることが可能です。

そして、大きさに関しては1人用~10名程度で入れるものまでありますので、オフィスの大きさも考慮しながら設置を検討することができます。

まとめ

本記事ではオフィスが全面禁煙にするとどのようなデメリットがあるのか、そして、たばこ問題における社外への印象の影響はどのようなことが考えられるのかという視点から、印象を下げないための方法、喫煙者も非喫煙者も安心して業務に取り組める環境を作る方法について解説いたしました。

オフィスは人によっては自宅にいるよりも長い時間を過ごす場所ともなります。たばこの煙が蔓延してしまえば健康に被害を及ぼし、最悪の場合に退社となっている従業員も出てくるかもしれませんし、喫煙者のための休憩室がなくなったことで業務に支障を与えてしまう従業員も出てくるかもしれません。

飲食店での調査ではありますが非喫煙者のうち約60%程度は『分煙がきちんとされていれば来店するのに何も問題ない』と回答しています。非喫煙者にとっては完全禁煙は絶対ではなく、健康に被害を及ぼすことがなければどちらでもよいというスタンスでいるということがわかるでしょう。

今回改正された健康増進法では、受動喫煙を防止するための分煙における技術的基準も定められています。分煙をすれば快適かつ、誰もがあんしんして業務に取り組むことができるオフィスを構築することができるのではないでしょうか。

喫煙室を設置する際の技術的基準とは?適切な基準を知って効果的な分煙対策をしよう

オフィスにおける分煙対策については、分煙対策くんのご相談窓口までお気軽にお問合せ下さいませ。

分煙くんに相談する