オフィスにおける分煙対策方法

公共の場における喫煙は、非喫煙者にも受動喫煙のリスクがあります。同じ空間にいることで、非喫煙者は副流煙を吸うことになります。この副流煙には、いわゆる主流煙よりもニコチン、タール、一酸化炭素、アンモニアなどの成分が多く含まれているとされ、分煙の動きが活発になりました。それにより全国的に禁煙化、分煙化が普及しており、オフィスでの分煙対策も注目されています。そこで今回は、オフィスにおける分煙対策方法について解説していきたいと思います。

窓口に相談する

改正健康増進法による全面禁煙について喫煙者はどう思っている?

オフィスにおけるタバコに関する課題

近年では受動喫煙での健康被害が叫ばれており、多くの場所で問題視されています。飲食店や商業施設はもちろんのこと、多くの人が同じ空間で仕事をする職場や事務所も例外ではありません。今やオフィスの分煙対策は必須課題となっております。

従来はマナーとして意識されていた分煙ですが、受動喫煙の被害が注目されるに従い、健康増進法の改正が行われました。これにより2020年4月からオフィスでの分煙対策が、マナーからルールになり、屋内は原則禁煙となりました。

ただしオフィス内を全面的に禁煙にするというのは、非喫煙者にのみ配慮した考え方であると言えます。喫煙者も大事な社員である以上、オフィスの管理者は双方にとって喫煙者が過ごしやすい環境づくりについても考えなければいけません。そのためにはオフィスを全面禁煙するのではなく、喫煙所を設けて分煙対策を取り、喫煙者と非喫煙者の双方が快適に過ごせる環境を作りをすることが大切です。ましょう。

オフィス内での分煙化を成功させるためには、まず喫煙者と非喫煙者、どちらの意見にも耳を傾けながら、分煙化を企業の課題として認識し、取り組んでください。
双方の不満や課題を明確にする必要があります。どちらの意見にも耳を傾け、分煙化を企業の課題として認識し、取り組んでください。

オフィスにおける三つの分煙対策方法

オフィスにおける分煙対策方法には、複数のパターンが考えられます。本格的な工事が必要な方法から、比較的お手軽に導入できる方法も存在します。今回はオフィスにとって効果的だと考えられる三つのパターンを紹介させていただきます。

屋外に喫煙所、分煙ボックスを設置

こちらは屋内を全面的に禁煙として、屋外に喫煙所を設置するパターンです。街中でも喫煙ボックスなど、専用の喫煙所を見たことがある人は多いのではないでしょうか。オフィスの場合、一般的には社屋に付随する駐車場の一部などを利用して、喫煙所が設けられています。

分煙対策と聞くと、この屋外喫煙のタイプを真っ先に思い浮かべる人も少なくありません。しかし喫煙者からは、オフィスから喫煙所までの距離が遠いという不満の声も上がっています。基本的に喫煙者は、仕事の休憩時間を利用して喫煙します。そのためオフィスと喫煙所に距離があると、往復だけで時間を消費してしまうことにもなりかねません。うことにい、不満の声に繋がっているようですね。こうした事情もあり、近年では屋内喫煙の分煙対策が求められています。

屋内に個室を用意

こちらは屋内に喫煙用の個室を用意して分煙する方法です。屋内にあるのでオフィスから近く、完全に喫煙目的として利用するので、非喫煙者が受動喫煙する心配もありません。理想的な分煙対策ですが、こちらを用意するにはオフィスの本格的な改装が必要となります。

他の手段に比べると、工事費用や施行などで導入までにもっとも時間がかかるでしょう。こちらは主にオフィスを全面改装する際や、移転の際に検討することが多いです。
ようですね。

屋内に分煙ボックスを設置

屋内に分煙ボックス、分煙キャビンを設置するというのが、もっとも手軽で現実的な方法と言えます。喫煙者は分煙ボックスやキャビンの中でタバコを吸うので、煙が外に漏れる心配がありません。内部のフィルターに吸収されたタバコの煙からは、有害物質が除去されるので安心ですね。

また、この方法であればこちらはオフィス全体の本格的な改装を行う必要もありませんのでないので、費用を抑えることができます。が抑えられます。更に、設置場所の選択肢も幅広く、契約方法も購入・リース・レンタルなどさまざまです。急遽オフィスでの分煙対策が必要になった企業や、分煙対策にあまり多くの費用や日数をかけられないという企業にオススメですよ。

オフィスの分煙対策は喫煙ボックスの設置がおすすめ

オフィスの分煙対策について、三つのパターンを紹介しました。あまり費用や日数をかけず、喫煙者・非喫煙者双方の不満を解消するためには、屋内喫煙ボックスの設置がオススメです。

オフィスに喫煙所を設置する場合のルールについて

受動喫煙防止対策として、2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日より全国で全面的に施行されます。これにより2020年4月1日からは、飲食店・オフィスなどの屋内は原則禁煙化となります。オフィスで喫煙環境を設けるには、いくつかの条件が設定されているので覚えておきましょう。一定の条件を満たすことで設置可能となるのは、以下の喫煙環境です。

一般的な事業者の場合

  • 喫煙専用室 … 喫煙以外の行為は不可
  • 加熱式たばこ専用喫煙室 … 加熱式たばこに限り喫煙可能。こちらは飲食なども可能

特定事業目的施設の場合

  • 喫煙目的室 … たばこの喫煙および、飲食なども可能

既存特定飲食提供施設の場合

  • 喫煙可能室 … たばこの喫煙および、飲食なども可能

一般的なオフィスの場合、「喫煙専用室」「加熱式たばこ専用喫煙室」を設置することになるでしょう。

屋内への喫煙所設置条件

屋内に喫煙所を設置するには、以下の条件が必要となります。受動喫煙対策はマナーではなく、ルールに変更されます。違反すればオフィスの管理者が罰せられる可能性があるので注意してください。
・非喫煙スペースとの境界(出入口)の風速を、毎秒0.2m以上確保すること
・タバコの煙が漏れないように、喫煙所を床から天井まで囲い区画すること
・タバコの煙を屋外に排気すること
・出入口および喫煙専用室、加熱式たばこ専用喫煙室に、法令により指定された標識を掲示すること

喫煙所設置の際には「受動喫煙防止対策助成金」を利用しよう

オフィスの屋内に喫煙所を設置する場合、工事不要の簡易組み立て式でも少なからず費用が発生します。ただし費用を抑えることは可能です。厚生労働省による「受動喫煙防止対策助成金」という助成金制度があるのをご存知でしょうか。こちらは中小企業が対象の助成金で、喫煙室の設置などにかかる費用の半額、上限200万円までが助成される制度です。今後、分煙対策の設備を導入したいとお考えであれば、ぜひ活用しましょう。

オフィスに喫煙所を設置する際の手順

喫煙所を設置する際には、まずどこに設けるのかをよく考える必要があります。喫煙所と外部の間をしっかり仕切れるスペースなのか、排気装置は設置しやすいかなどの観点を考え、設置場所を選んでください。

設置場所が決まったら、導入する分煙ボックスを選ぶ必要があります。現在分煙ボックスには、複数のメーカーが参入しています。本サイトでも分煙機を選ぶポイントについて紹介している記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

分煙機の比較と、選ぶときのポイント

また分煙に関する疑問や、対応可能な分煙方法についての無料相談も受け付けております。疑問や不安点をお持ちの方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませね。

まとめ

受動喫煙防止対策として、今後はオフィスにおける分煙は企業にとって義務となっていきます。喫煙者と非喫煙者、両方の社員がいる職場が大半かと思われます。オフィス全体を禁煙とするよりも分煙化対策を進める方が社員の満足度を上げモチベーションアップにも繋がるでしょう。

2020年4月からはオフィスなどは原則として禁煙となります。分煙化対策に取り掛かるのなら、今のうちに始めておく必要があります。本サイトでは、分煙に関するさまざまなお悩みにお答えしておりますので、まずはお気軽な無料相談をお待ちしています。

窓口に相談する