工場における効果的な受動喫煙対策方法とは

日本の喫煙者は女性よりも男性のほうが比較的多いといわれておりますが、工場で働く従業員もまた女性よりも男性のほうが多く、それゆえ喫煙者も多いという企業も少なくないのではないでしょうか。

今年4月に改正された健康増進法は飲食店やパチンコ店、オフィス内に限ったお話ではなく、工場もまた同様です。そこで本記事では、改正健康増進法の内容に関するおさらいと工場における効果的な受動喫煙対策方法について解説してまいります。

喫煙者の多い工場勤務の方、経営者の方はぜひ参考にしてください。

改正健康増進法で工場がすべき対策

日本で2020年4月に、改正健康増進法が施行されたことで、飲食店や工場、事務所などは室内の喫煙場所以外での喫煙が禁止になりました。
この法改正が行われた背景には、たばこを原因とする健康被害が考えられるようになったことがあります。喫煙は肺がんなどの原因の一つとしても挙げられるようになり、喫煙や受動喫煙が問題視されるようになったのです。

また、現在世間を騒がせている新型コロナウイルスもまた、喫煙や受動喫煙による肺へのダメージが少なからず重症化を招いている可能性があるとして、さらなる健康増進、受動喫煙対策に努めるようアナウンスされています。

改正健康増進法にともなって、工場従うべきルールはおもに飲食店やパチンコ店、その他オフィスなどと同様に、原則屋内禁煙であり、条件によっては敷地内に設けることも可能であるということです。

具体的には、

①原則屋内禁煙(喫煙所を設けた場合はその限りではない)

②煙場所を設けるのなら20歳以下は工場の従業員だとしても立ち入りは禁止

③喫煙所の設置では技術的基準をクリアする

④喫煙室を作るときには喫煙室の出入口にステッカーやプレートではっきりと標示をする

といったところです。技術的基準とは、簡単に説明すると、煙が喫煙所の外に漏れて受動喫煙を招かないようにするための対策のことで、厚生労働省で具体的に決めれた数値や基準があります。

技術的基準についての詳しい解説は下記の記事にて行っておりますのでごらんください。

喫煙室を設置する際の技術的基準とは?適切な基準を知って効果的な分煙対策をしよう

工場で分煙を行うメリットとは

改正健康増進法が施行された後でも、敷地内、および工場内で喫煙をするには、先ほども申し上げた通り、喫煙室を設置するなどして分煙を行う必要があります。

飲食店やパチンコ店などでは、訪れるお客がたばこを吸う可能性があるために、喫煙所を設置し、分煙対策を行う店舗も多くありますが、ほとんど外部からのお客の出入りがない工場で分煙を行うメリットとはどのような事項があげられるでしょうか。

快適な職場環境を手に入れられる

工場で分煙をするメリットとしてまず挙げられるのは、吸う人も吸わない人も快適な職場環境を手に入れられるという点です。
仮に屋外で喫煙をしていたとしても、周りにたばこを吸わない人が居るとたばこを吸いたい人は遠慮してしまいますし、たばこを我慢しているとストレスともなりかねません。また、屋外での喫煙でも室内に煙が入ってくる可能性もありますので、逆にたばこを吸わない人は副流煙に悩まされたり、たばこの臭いを嫌がったりすることがあるでしょう。きちんとたばこを吸えるエリアを決めておくことでたばこを吸う人は自由に吸えますし、吸わない人はその場所を避ければたばこの煙や臭いなどに悩まされることもありません。

現時点で屋外の喫煙に対する規制はありませんが、モラルとして、非喫煙者への配慮が必要であるといえます。

工場内の作業効率アップ

また工場内の作業効率がアップするという考え方もあります。工場内で勤務している人が、たばこを吸うためにはわざわざ屋外まで足を運ぶ必要があり、何度も仕事を中断しなければなりません。しかし、屋内にいくつか喫煙室を設置することで、屋外まで出ていく手間が省かれ、効果的に仕事を進めていくことができるようになるでしょう。

工場で分煙を行うデメリットとは

とは言え、工場で分煙を行うには少なからずデメリットも存在します。

費用がかかる

当然、敷地内に新しい部屋を用意するわけですから、それなりの工事費用等が掛かってくることになります。規模の大小によって変わりますので、工場内にどのくらいの喫煙者がいるのか、どのくらいの大きさの喫煙ブースが必要なのか、しっかりと検討してから導入する必要があるといえるでしょう。

休憩によって作業効率が下がる可能性も

たばこ=休憩です。そうすると、たばこを吸いたくなったからと簡単に近くにある喫煙ブースに出ていくことができることで、作業を中断して喫煙をしに行く人が増えると、かえって作業効率が下がる可能性もあるかもしれません。

工場における効果的な受動喫煙対策方法はこれだ

ここまで、工場における分煙のメリット、デメリットや、改正健康増進法の内容について解説してきました。最後に工場における効果的な受動喫煙対策方法について解説していきます。

おもに、どの業種にも共通して言える受動喫煙対策方法は、下記の4点です。

①喫煙ブースの設置

②加熱式たばこ喫煙室の設置

③分煙ボックスの設置

④室内は完全禁煙、屋外のみ喫煙可

①は、工場内の一角に喫煙ブースを構築する方法、②は、加熱式たばこのみ喫煙できるブースを構築する方法です。③は、分煙ボックスと呼ばれる、喫煙ができるパーソナルボックスを設置する方法になります。④は屋内は完全禁煙とし、屋外に灰皿を設置したり分煙ボックスを設置したりすることで受動喫煙対策を行う方法です。

ただし、②は飲食店やパチンコ店など、遊戯や飲食をしながら喫煙ができるため、有効的でありますが、工場では作業をしながら喫煙をする方はいないと思いますので、こちらは工場には向かない分煙方法です。

①の方法は、工場の一角に工事を要して喫煙ブースを構築することになりますので、多額の費用が必要になったり、工事期間が長くかかったりする可能性がありますので、③や④の方法がおススメです。

分煙ボックスの比較と、選ぶときのポイント

③の分煙ボックスの設置は、あらかじめ分煙に必要な技術的基準を満たしたパーソナルボックスを置くだけで分煙ブースを設置することができるものですので、おおがかりな工事も必要ありません。また、灰皿の設置だけではあいまいな屋外での喫煙も、屋外に分煙ボックスを設置することでさらに効果的な受動喫煙対策を行うことができるようになります。

屋上やテラスなど、屋外への灰皿設置に規制はある?

まとめ

本記事では、工場における受動喫煙対策について解説いたしました。工場での分煙にはメリット、デメリットそれぞれありますが、分煙をすることで喫煙者の従業員も非喫煙者の従業員も快適に作業に従事できることには変わりありません。

その中でも、分煙ボックスを設置することは、簡単かつ短期間で分煙を完了させることができますのでお勧めです。工場での分煙対策について疑問点やご興味のある方はぜひ下記のお問合せ窓口からお気軽にお問合せ下さい。

窓口に相談する