カラオケ店の分煙方法は、どのような方法がある?

以前まで、カラオケ店に足を運ぶと、『禁煙室と喫煙室どちらにしますか?』というようなことを聞かれたことがあるという方も多いでしょう。しかし、飲食店や宿泊施設、パチンコ店などと同様に、4月1日に施行された改正健康増進法によって『屋内原則禁煙』となりました。これにより、カラオケ店では以前までたばこを吸うことができていた部屋についても禁煙となったということです。

ただ、カラオケ店では絶対に屋内で喫煙をしてはいけないというわけではなく、受動喫煙対策をしっかりと行えば、屋内で喫煙ができる場合があります。やはりパチンコ店と同様に歌いながら、遊びながらたばこを吸いたいと考えているお客も多くいるかと思いますので、カラオケ店を経営している方はぜひ本記事を参考にして分煙対策を行ってください。

カラオケ店が喫煙OKにする方法

今年2020年4月に改正健康増進法が施行されたことにより、カラオケ店を含む多くの施設では、原則屋内禁煙となりました。

そもそもカラオケ店で禁止になったのは?

この改正健康増進法により、カラオケ店内で原則禁止になったのは以下の項目です。

①屋内での紙巻きたばこの喫煙原則禁止
②喫煙が可能なカラオケルーム原則禁止
③喫煙室への20歳以下の立ち入り

要は、これまでの『喫煙ルーム』とされるカラオケの可能な喫煙室は4月以降禁止になっているということになります。4月以降も喫煙ルームでカラオケを許可していた場合は罰則の対象ともなりますので注意が必要です。

カラオケ店で喫煙OKになる例とは?

とはいえ、お客側から『喫煙をしたい』といわれることは少なくないかもしれません。カラオケ店で喫煙がOKになる例は下記の例になります。

①喫煙室を設置した場合
②加熱式たばこ喫煙室を設置した場合
③喫煙可能店の申請ができる店舗である場合

喫煙専用室や、加熱式たばこ喫煙専用室等をそれぞれ屋内に設置した場合は、指定された場所で喫煙を行うことができます。喫煙専用室では、紙巻きたばこ、電子タバコの喫煙が可能、加熱式たばこ喫煙専用室では、加熱式たばこのみの喫煙が可能です。

加熱式たばこの喫煙専用室の場合は、カラオケをしながら喫煙ができるという場合もありますが、いずれにせよ20歳以下の立ち入りは禁止されています。例えば、グループでの来店で、20歳以上の喫煙者がおり、20歳以下の方も同伴しているという場合、同じ部屋に案内をすることができないということです。

従業員の清掃業務であっても立ち入ることはできません。

また、③の喫煙可能店の申請ができる場合の店舗についてですが、小規模店舗であり、経営規模が小さいために禁煙にすることで経営に支障が出ると判断された場合は、これまで通りの分煙、喫煙ルームの継続が許可される場合があります。

喫煙可能店の申請等については下記の記事をご覧ください。

『喫煙可能店』の申請の仕方と、その他屋内喫煙OKの条件について

カラオケ店の分煙方法の例

続いてカラオケ店の受動喫煙対策方法、および分煙方法はどのような例があるのかという点をご紹介していきます。

①分煙パーソナルボックスの設置
②喫煙室の設置
③加熱式たばこ喫煙室の設置
④屋外喫煙所の設置

カラオケ店で考えられる分煙方法は上記の4パターンです。

①分煙パーソナルボックスの設置

分煙パーソナルボックスの設置では他の業種同様屋内に電話ボックスのようなパーソナルボックスを設置して分煙を行う方法で、煙がパーソナルボックス外に出ないようなシステムや、分煙パーソナルボックス内の空気を縦貫させる機能などがついているので、いわば置くだけで分煙が完了します。ただ、このパーソナルボックス内では飲食サービスの提供などを行うことができませんので注意しましょう。

スペースをあまりとれない、大規模な工事をしたくない、手軽に分煙をしたい、今すぐ分煙をしたいといったカラオケ店にお勧めです。

分煙義務化まで残りわずか。最短設置可能な分煙機は

②喫煙室の設置

つづいて、カラオケ店の店内に喫煙室を設置する方法です。ただ、この分煙方法が、以前の『喫煙室』を示すものと違う点は『喫煙室で喫煙以外のことをすることができない』という点です。これまでのカラオケ店における喫煙室とは『カラオケをしながら喫煙ができる場所』であったと思います。しかし4月1日に施行された健康増進法では、喫煙室の中で喫煙以外の行為をすることを認められておりません。

喫煙室の設置方法としては、部屋の一部などを改装し、喫煙のみができるスペースを構築するイメージで、『喫煙専用の部屋をつくること』と考えていただければわかりやすいと思います。

③加熱式たばこ喫煙室の設置

つづいて加熱式たばこ喫煙室の設置です。これまでの『喫煙室』同様にカラオケをしたり飲食をしたりしながら加熱式たばこのみ喫煙することができるスペースになります。

ただ、注意しておきたいのがお客の中に加熱式たばこの喫煙者がいて、加熱式たばこ喫煙室でのカラオケを希望したとしても、お客のグループの中に一人でも20歳未満のお客がいればそのグループは『加熱式たばこ喫煙室』を利用することができないという点です。20歳未満の方が立ち入れないのはお客だけでなく従業員も同様で、サービスの一環、業務の一環であっても、認められておりません。

加熱式たばこと紙巻きたばこの専用喫煙室の違いと設置するときの注意点

④屋外喫煙所の設置

最後、屋外に喫煙室を設置する方法です。この場合、屋内はすべて禁煙で、喫煙者は屋外に出て喫煙をするようになります。屋外の喫煙所の設置や灰皿の設置については細かくルールは設けられておりませんが、屋内への煙の流入などを防ぐためにも、分煙パーソナルボックスを設置したり、非喫煙者の導線にならない場所に灰皿を設置するなどして工夫するようにしましょう。

屋上やテラスなど、屋外への灰皿設置に規制はある?

カラオケ店を分煙にするときの注意点

では、上記のような方法でカラオケ店が分煙を行うにあたり、注意しておきたいことがいくつかありますので、下記にご紹介してまいります。

①看板の設置が必須
②お客への周知が必要
③20歳以下の立ち入り禁止
④個人カラオケ店であれば経過措置もできる

①看板の設置が必須

カラオケ店に限らず分煙を行う場合は、『喫煙ができる部屋がありますよ』『ここが喫煙をする場所ですよ』というようなことを表す看板を設置しなければなりません。この看板は各市町村のお役所でいただくことができますが、看板が見えにくい場所に設置されていたりそもそも設置されていなかったりすると罰則の対象ともなりますので注意が必要です。

愛煙家必見!4月以降も喫煙できる飲食店の見分け方

②お客への周知が必要

最近ではカラオケ店は、新型コロナウイルスの影響で営業を自粛していた店舗も多いでしょう。特に、休業要請がでたタイミングがちょうど、健康増進法が改正されたタイミングでもありましたので、喫煙ができるお店なのか、できないお店なのか、変更点をキチンと周知できていない店舗も中にはあるはずです。

まだ周知ができていない店舗も、これから分煙をする店舗も、しっかりとSNSやウェブサイトなどを利用してお客に効果的に周知を行うようにしましょう。知らなかった、どこにも書いていなかったなどのことからクレームにも発展しかねません。

③20歳未満の立ち入り禁止

前述にも解説しましたが、喫煙室、および加熱式たばこ喫煙室などいずれの喫煙ができる場所については20歳未満の立ち入りは禁止されています。これは、サービスの一環としてや、清掃などの業務の一環でも同様で、お客はもちろんのこと、従業員も立ち入ることができないので注意しましょう。

ただ、たばこが吸える場所への立ち入りができないだけで、禁煙ルームへの立ち入りはこれまで通りに可能ですので、分煙になったからといって20歳未満のお客が入れられない、バイトを雇えないといった意味ではありません。

④個人カラオケ店であれば経過措置もできる

ただ、カラオケ店の中には大手チェーン店だけでなく、オーナー1人で経営している個人のカラオケ店もあるでしょう。このような個人店、および『小規模店舗』に当てはまるカラオケ店であれば、『喫煙可能店』の申請を行うことで、これまで通りに、喫煙ができる場合があります。

喫煙可能店については下記の記事にて詳しく解説しておりますので、ご自身の店舗が対象になるのか確認してみてください。

『喫煙可能店』の申請の仕方と、その他屋内喫煙OKの条件について

カラオケ店が分煙にするメリットとは

分煙にするには、屋内全面禁煙にするよりも当然費用的コストも時間的コストもかかってきます。とはいえ、カラオケ店に限らず、分煙の動きが高まっているのは、下記のようなメリットがあるからです。

①エアコンや灰皿などの清掃が楽になる
②喫煙の残り香を嫌うお客も入店しやすくなる
③店内の天井や壁の黄ばみなど喫煙による影響を縮小できる
④ポイ捨てなどからのクレームをなくすことができる
⑤喫煙者も非喫煙者も入りやすくなる

分煙対策を行うことで、エアコンや、灰皿の清掃が楽になるのはもちろんのこと、煙の流入を防ぐためのシステムが搭載した分煙を行うことで喫煙者は気兼ねなく屋内で喫煙をすることができ、非喫煙者は安心して施設を利用することができるようになるでしょう。そして、喫煙者にとっては、屋内に専用のスペースがあるため、屋外で勝手にたばこを吸ってポイ捨てして帰るといったこともありません。

このように、意外なところにもメリットがあるということがわかります。

カラオケ店が分煙を行うデメリットとは

とはいえ、カラオケ店で分煙を行うとなりますと大規模な工事を伴う場合、休業などをせざるを得なかったり、コストが多くかかってしまうといったデメリットも考えられます。

特に、加熱式たばこの喫煙室や、店の一角に喫煙所を作る場合などは比較的大規模な工事となる場合がありますので、休業しても売り上げに問題のない時期などを見定めて行うとよいでしょう。現在は新型コロナウイルスの影響を受けている店舗も多いことが考えられますので、あまり休業をしなくても分煙を行える方法を選択するのが良いといえるでしょう。

まとめ

本記事では、カラオケ店の分煙について詳しく解説いたしました。喫煙者の自宅や、宿泊施設における個人スペースが喫煙OKである分、カラオケの個室も喫煙OKなのではと感じていた方もいらっしゃるかもしれませんが、カラオケ店もしっかり分煙の対策が必要です。

屋内全面禁煙にすればコストもかからず手っ取り早いものの、分煙を行うことで誰もが過ごしやすい施設を作り出すことができるといったことから、結果的に集客に結び付く可能性ももちろんあります。初期投資として分煙を行い、集客アップでカバーすることができれば、問題ありません。

カラオケ店での分煙をお考えの方はぜひ下記のお問い合わせ窓口までご連絡ください。

窓口に相談する