改正健康増進法の施行で、ゴルフ施設での喫煙はどう変わる?

今年2020年の4月1日に改正健康増進法が施行されたことにより、多くの施設において原則屋内禁煙となりました。飲食店や小売店などの第二種施設などであれば、一定の条件下で屋内に喫煙室等を設けることができるものの、学校や病院などの第一種施設については、屋内でも屋外でも敷地内における喫煙は認められておりません。

今回解説するゴルフ施設は、遊戯施設でありパチンコ店と同じように第二種施設に分類されます。当然、ゴルフ施設も、法律上分煙の措置をとるか、全面禁煙の措置をとるか、どちらかを選ばなければなりません。

そこで今回は、ゴルフ施設における受動喫煙防止対策について解説していきます。

窓口に相談する

ゴルフ施設で『屋内』に該当する場所

厚生労働省によりますと、ゴルフ施設における屋外・屋内の一般的な適用例は下記のようになるといいます。

『ゴルフ場』
・クラブハウスの中は「屋内」のため全面禁煙。ただし、喫煙室などを設置すれば喫煙OK
・クラブハウスの外は「屋外」のため喫煙。ただし、周囲への配慮が求められる

『ゴルフ練習場』
・「屋内」に含まれるので全面禁煙。ただし、喫煙室などを設置すれば喫煙OK

ゴルフ練習場の多くはボールを打ち出す前面が開放されているものの、屋根があり、側壁がおおむね半分以上覆っている施設は屋内の扱いになるので、喫煙専用室を設ける必要があります。これは、飲食店などのテラス席の扱いと同じ扱いです。左右の側壁がどれだけ離れていようと例外はありませんが、河川敷にある屋根がないようなゴルフ練習場は、その適用外となります。

屋内への喫煙室設置についても、他施設と同様に、一定の技術的基準をクリアしたものでないと喫煙室とは認められません。喫煙室の設置にかかる技術的基準については下記の記事をご覧ください。

喫煙室を設置する際の技術的基準とは?適切な基準を知って効果的な分煙対策をしよう

ゴルフ場がすべき受動喫煙対策について

前述のように、ゴルフ場におけるクラブハウス内の屋内禁煙についてはすべてのゴルフ場で義務化されますが、一定の条件をクリアしたうえであれば、喫煙室の設置が認められています。

一方、クラブハウスを出た屋外への灰皿の設置や喫煙所の設置については、各ゴルフ場の判断にゆだねられるということになります。

クラブハウス内を全面禁煙とする場合

クラブハウスにおいて、全面禁煙とする場合は、これまで仮に喫煙室や灰皿を設けていた場合も、これらを撤去しなければなりません。また、『禁煙』の標識も必須です。

標識については、飲食店、娯楽施設変わらずすべての施設において同様の標識になります。詳細は下記記事にまとめておりますのでご覧ください。

愛煙家必見!4月以降も喫煙できる飲食店の見分け方

クラブハウス内を分煙する場合

一方、屋内でも喫煙ができるよう、分煙の措置をとる場合は

①エリア・フロア分煙

②分煙ボックス等の設置

のどちらかで分煙を行うことができます。

①エリア・フロア分煙

エリア・フロア分煙については、室内を区画等で区切ったり、多階層の場合フロアごとに分煙をしたりする方法です。禁煙室に煙が流れないための工夫や、屋外に煙を排出するためのシステム等、様々な機材の設置が必要になりますが、喫煙者はその区画内であればこれまで通りに喫煙を行うことができます。

この場合も、喫煙が可能な場所であることを示す標識の掲示は必須です。

②分煙ボックス等の設置

一方、喫煙室等の設置というのは、いわゆるパーソナルボックスのような分煙ボックスを設置する分煙の仕方です。前述のとおり、屋内の喫煙については、厚生労働省から定められている条件をしっかりクリアしていないと喫煙可能な施設とは認められません。

ですので、区画などを作ってフロア分煙をしたり、屋内を改装して分煙をするには高額なコストや、時間が必要になってくるのです。その点、分煙ボックスであれば、技術的基準をクリアした状態で商品化され、置くだけで簡単に分煙が可能になるので、手間やコストも抑えることができます。

分煙機の比較と、選ぶときのポイント

ゴルフ練習場がすべき対応とは

一方、ゴルフ練習場についてはクラブハウスの屋内同様、屋内に含まれるので全面禁煙ですが喫煙室などを設置すれば喫煙OKとされています。ですので、ゴルフ練習場の対応については、上記にご紹介した全面禁煙もしくは分煙対策のどちらかをしなければなりません。

屋外についても配慮が必要

屋内をすべて禁煙にしたとして、出入口付近の屋外にすぐ灰皿を設置しても、完全に受動喫煙対策ができているとは言いませんよね。屋外についても望まない受動喫煙を防ぐための配慮が必要であるということです。

ただ、せっかく灰皿を設置するのであれば、屋根がある場所に設置したいと思うのが施設側の喫煙者への配慮でしょうから、この場合も分煙ボックスを設置することで簡単に受動喫煙対策を行うことができます。

第二種施設において屋外喫煙所を設置する際の注意点

違反した場合は罰則も、、、

この改正健康増進法の内容は法律で定められている内容です。受動喫煙対策を行っていきましょうといったようなニュアンスの緩いものではありませんので、当然違反者には過料が科せられることになります。

既定の場所以外での喫煙が取り締まりの対象ではなく、喫煙可能であることを知らせる標識が掲示されていないなどについても罰則の対象です。なお、喫煙の可否については、都道府県別に条例を定めている場合があり、国の法律よりも厳しい条件が敷かれている可能性もあります。

国の定めた法令及び、各都道府県の条例もしっかり確認しておくことが大切です。

まとめ

今回は、ゴルフ施設における受動喫煙対策について解説いたしました。

パチンコ店同様に、ゴルフ施設を利用する方の中には愛煙家が多いということもありますので、今後もたくさんのお客に楽しんでもらえるような施設作りをしていくことが、結果的にお客様満足度や集客へとつながっていきます。

愛煙家の常連客はもちろんのこと、分煙対策をすることで、これまで受動喫煙を気にして足を運んでこなかった非喫煙者にとっても入りやすい施設となるかもしれません。

分煙対策くんではゴルフ場の分煙についてもご相談を承っております。検討中の方、ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。

窓口に相談する