飲食店にお勧めの分煙ボックス4選!

2020年4月1日に、改正健康増進法が完全施行されました。受動喫煙防止のために、健康増進法の基準を満たした喫煙専用室以外は、原則禁煙となっています。そのため飲食店では、喫煙専用室の設置や完全禁煙化など、さまざまな形で受動喫煙対策が取られています。

店内を完全禁煙にするよりも、喫煙専用スペースを設置して、喫煙者のお客様にも来店してもらえる方が、お店にとってもお客様にとってもプラスとなるでしょう。

とはいえ喫煙専用室を設置するとなると、費用も手間もかかってしまいます。そこで今回は、飲食店におすすめのお手軽に設置できる分煙ボックスを紹介したいと思います。今から分煙対策を進めたいとお考えの店舗関係者は、ぜひ目を通してみてください。 

分煙ボックスとは

分煙ボックスとは、その名の通り分煙できるボックススペースのことを指します。喫煙者は分煙ボックス内に入り喫煙することで、飲食店などでも分煙対策が行うことができます。

サイズはさまざまで、一人専用のスペースから、同時に複数人が利用できる分煙ボックスも用意されています。店舗の広さや利用状況に応じて、適したサイズの分煙ボックスを選ぶといいでしょう。 

改正健康増進法の施行により、今までのような曖昧な分煙対策ではなく、たばこの煙が外部に流出しないように徹底する必要があります。分煙ボックスはたばこの煙流出を防ぐ技術的基準が満たされています。

喫煙専用室を作る場合、煙の流出を防ぐための技術的基準を満たしていなければ、喫煙室と認められず罰則の対象になりかねません。分煙ボックスなら、改めて店舗で調整する必要がなく、ボックスを置くだけで分煙対策が完了します。大がかりな工事にかかる手間も費用も必要ありません。 

飲食店におすすめの分煙ボックス4選

現在、飲食店向けの分煙ボックスはいくつも登場しています。その中でもとくにおすすめの分煙ボックスを紹介させて頂きます。 

クリーンエアの『キャビンソリューション』シリーズ

クリーンエアが提供するキャビンソリューションシリーズは、屋内で100V電源が確保できれば、どこでも設置可能です。限られたスペースを有効活用すれば、喫煙専用室のために新たな部屋を用意する必要がありません。

もちろん大がかりな設営工事も必要ないので、工事費用などのコストも削減できます。独自の高度なフィルターテクノロジーにより、たばこの煙を捕集・浄化しながら、クリーンな空気として再循環させられます。高い空気浄化能力によって、屋外排気が難しい場所においても、喫煙者・非喫煙者双方にとって快適な環境を提供してくれるでしょう。 

  SF2000X SF4000 SF6000 SF Forum
同時収容人数 2人 4人 6人 8人
喫煙本数 4,500本 4,500本 9,000本 12,000本
利用者目安 10-15人/日 10-15人/日 20-25人/日 30-35人/日
電源供給 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz
サイズ 幅:1,200mm

奥行:1,000mm

高さ:2,170mm

幅:1,570mm

奥行:1,280mm

高さ:2,170mm

幅:2,030mm

奥行:1,590mm

高さ:2,170mm

幅:2,850mm

奥行:1,410mm

高さ:2,170mm

 

バルテックの喫煙ブース『分煙力』

「分煙力」は株式会社バルテックが提供する一人用喫煙ボックスです。小型・フィルターレス・ローコスト・服に煙が付きにくい独自の集煙システムを搭載。飲食店やオフィスなど、限られた空間に設置できる一人用喫煙ブースとなっています。屋外排気型なので、フィルター交換やメンテナンス契約が必要ありません。

コンパクト設計だから、社員休憩室や飲食店の席数を減らさずことなく設置が可能です。一人用なので喫煙者同士の副流煙、間接喫煙、二次喫煙も防止できます。さらにオプションで以下のような機能が追加可能です。

・たばこ付着臭の分解・除去・消臭、

・カビ菌除菌・ウィルス抑制・アレル物質抑制

・静電気の除電(花粉除去)プラズマクラスター

収容人数 1人
重量 150kg
排気方式 屋外排気型(外壁開口工法/ダクト連結工法)
外形寸法 830×830×2405(mm)

 

トルネックスの『一人用喫煙ブース』

株式会社トルネックスからも一人用喫煙ブースが提供されています。一人用喫煙ブースはコンパクトサイズで、場所を選ばずに設置可能な上、低価格を実現しています。もちろん改正健康増進法の基準も満たしており、既存の排気設備と接続し、のれんと組み合わせることで喫煙室に向かう0.2m/s以上の空気の流れを作り出します。

ただし入口で0.2m/s以上の空気の流れになるように、排気設備の風量、のれんの長さを調整する必要があるので、注意してください。

収容人数 1人
重量 120kg
排気 Φ200グリル
外形寸法 W900×D900×H2,400mm(CH2,100mm)

 

トルネックスの『分煙脱臭ブース』

トルネックスは複数人の使用に適した分煙ブースも提供しています。『分煙脱臭ブース』は、加熱式・紙巻たばこの臭いを強力に脱臭してくれます。独自の特殊吸着剤に一度通過させるだけで、たばこの臭気成分を約95%以上脱臭します。たばこの主なガス成分であるTVOCについても、95%以上除去。もちろん粉塵についても、微粒子フィルターで99%以上除去が可能です。分煙脱臭ブースからの煙や臭いが気になりません。

たばこの煙や臭いを除去した空気は天井から排出され、喫煙室入口に向かう0.2m/s以上の空気の流れを作り出します。周辺への煙や臭い漏れを防ぎ、喫煙者・非喫煙者双方にとって分煙環境を作ることができるでしょう。もちろんこちらも、改正健康増進法による喫煙専用室の技術的基準を満たしています。

喫煙ブースの定員 4人
測定時間中の喫煙本数 同時8本
測定点の高さ 気流(上:175㎝、中:105㎝、下:35㎝)
外形寸法(mm) W1600 x D1200 x H2400
重量 約380kg
電源 AC100V 50/60Hz

 

飲食店で分煙ボックスでの分煙をお勧めする理由

飲食店で喫煙専用室を作るのではなく、分煙ボックスをおすすめする理由について説明します。たとえば以下のような条件に該当する飲食店では、分煙ボックスがおすすめです。

小規模な店舗

小規模な飲食店で喫煙室を設置する場合、スペースを取られて客席を減らす事態になるかもしれません。しかし分煙ボックスなら必要最低限の範囲で、場所にも融通が利くのでおすすめです。

喫煙者の割合が少ない

来店する喫煙者の割合が少ない店舗の場合、一人用の分煙ボックスなど省スペースなボックスを選択することが可能です。余計な幅を取る必要がなく、快適な喫煙スペースを用意できるでしょう。

大がかりな工事をしたくない

喫煙専用室を作る場合、店舗の一角を喫煙室とするために大がかりな工事が発生します。分煙ボックスならボックスを置くだけで設置が完了するので、大がかりな工事が必要ありません。工事のために店舗を休業する必要がないので、簡単に分煙対策を導入したい場合にもおすすめです。

屋外で分煙したい

屋内に喫煙スペースを作りたくない場合、分煙ボックスは屋外に設置することも可能です。設置が簡単で場所も取らないので、融通が利きやすいのもメリットの一つと言えるでしょう。

飲食店で分煙ボックスを利用するときの注意点

便利な分煙ボックスですが、飲食店で利用する際には以下のような注意点も考慮に入れておいてください。

定期的なメンテナンスが必要

分煙ボックスはたばこの煙を吸い込む仕組みとなっています。そのためフィルターや内部にたばこの汚れがたまりやすく、定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスを怠ると機能が正常に作動せず、最悪のケースでは破損の可能性もあります。定期的なチェックとメンテナンスを怠らないように、注意してください。

設置場所の確保

分煙ボックスはお手軽に設置できて、設置場所の融通も利きやすいのがメリットです。それでもやはり設置する場所には一定のスペースが必要なので、場所を確保する必要があります。たとえば現在のレイアウトでは設置が難しい場合には、計画を立てて場所を開けなければなりません。屋外の駐車場に設置する場合には、車の出入りの妨げにならない場所を確保する必要があるでしょう。

耐用年数が短い

分煙ボックスの耐用年数は約6年半と言われています。これは空気清浄機の耐用年数が約10年であることを考えると、短いと言えるでしょう。長期間の分煙対策として利用する場合には、耐用年数の短さはデメリットの一つであると留意しておいてください。

まとめ

今回は飲食店にお勧めの分煙ボックスを4種類、紹介させていただきました。

分煙ボックスは置くだけで設置が完了し、大がかりな工事が必要ありません。サイズも一人用から複数用まで、いろんな大きさが用意されているので、お手軽な分煙対策手段として非常におすすめです。飲食店は小規模店舗から大規模まで、さまざまな店舗があるかと思われます。分煙ボックス選びには、店舗の規模や喫煙者の割合などを踏まえた上で、適した物を選びましょう。また導入後は定期的なメンテナンスを怠らないようにしてください。

コロナ禍の収束の目途も立たない中、分煙対策は今後ますます求められる課題です。この機会に、分煙ボックスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

窓口に相談する